Yosemite で Antを使って自作Androidアプリをインストール

メモ書き。

Android SDK
https://developer.android.com/sdk/
ダウンロードして設置(以下、【Android SDK格納パス】と表記)。

JDK
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
ダウンロードしてインストール。
java -version “1.8.0_25”

Ant zip版をDLして適当なところに解凍して設置
(以下、【Ant格納パス】と表記)。

~/.bash_profile へパス記述
「ant」の方は、直下にbinフォルダが見えるように。

# Android SDK
export PATH=$PATH:/【Android SDK格納パス】/android-sdk-macosx/platform-tools
export PATH=$PATH:/【Android SDK格納パス】/android-sdk-macosx/tools

# Ant
ANT_HOME=/【Ant格納パス】/ant
export PATH=$ANT_HOME/bin:$PATH

上記の追記を更新。
source ~/.bash_profile

SDK Managerを起動してSDKの追加を行う。
android

詳細は割愛するけれど、ここで先に Eclipse で色々テスト。今回弄ったところ。
環境設定→Java→インストール済みのJRE
環境設定→Java→コンパイラーコンパイラー準拠レベル
無事に動いていることを確認した。

話はターミナルへ戻って、動かしたいアプリ(hogeApp)に、
google-play-services_lib
fellopushSDK(AppBank Fello SDK)
のサブプロジェクトを追加して Ant でビルドしてみる。

AppBank Fello のプロジェクト情報を更新する。
プロジェクト内(直下にはAndroidManifest.xmlなどあり)へ移動してプロジェクト情報更新。
cd /【AppBank Fello SDK格納パス】/fellopushSDK
android update project -t 1 –subprojects -p ./

ターゲット番号(t)は android list targets で確認できる。

google-play-services_lib のプロジェクト情報を更新する。
プロジェクト内(直下にはAndroidManifest.xmlなどあり)へ移動してプロジェクト情報更新。
/【Android SDK格納パス】/android-sdk-macosx/extras/google/google_play_services/libproject/google-play-services_lib
android update project -t 1 –subprojects -p ./

メインのプロジェクト内(直下にはAndroidManifest.xmlなどあり)へ移動してプロジェクト情報更新。
cd /【メインのプロジェクトの格納パス】/
android update project -p .

ant clean debug install
または
ant clean debug
adb install bin/アプリ名-debug.apk

必要に応じて特定階層をjarにエクスポート→再チェックして完了。

うまくいかないときは
project.properties
などもチェック。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です