「写真」Appでの写真管理

せっかく iOS デバイスとMacが複数あるし、
Windows上で保存していた写真を
OS X Yosemite 10.10.3 から入った「写真」で管理してみようと思った。

しかし、インポートするとExifの撮影日時が入っていない写真が多くて非常に困った。
写真のファイル名は幸いにも全て
20050331-0014.JPG
という年月日までは入っている。加えて、ファイルの更新日時がイコール撮影日時。

ファイル名か更新日時のどちらかを読み取って
一括でExifの撮影日時を付けてくれるイケてるソフトは無いかと探してみた。

Exif Changer というフリーソフトで大丈夫だったので、これを使って変換してみた。
が、Macの「写真」Appで読み込めない。「メタデータを取得できません」というエラーが出てしまう。

Exif Changer が付けてくるExifの情報が悪いんかなぁ、と思って ExifFileOpe というフリーソフトでも
Exif情報を更新してみることにした(ついでに、ファイル作成日もファイル更新日に合わせるようにした)。

結果、上手く読み込むことができた。

ということで全ての撮影日時が入っていないjpgに対して下記を行った。

Exif Changer
一括処理メニューを表示→撮影日時を指定して一括変更→更新日時と同じにする

ExifFileOpe の「撮影日時編集」(Date TimeOriginal, Date TimeDigitized にチェック)

Flexible Renamer でフォルダ分け((….)(..)(.+)→\1-\2\\\1\2\3)

sqlite2からMySQLへデータ移行

さくらのレンタルサーバで気付いたらsqlite2が消えていて(sqlite3は存在する)、
結果としてアクセス解析に使っていた lapisが動かなくなっていた。

とりあえずDBをMySQLへ変更した。

sqlite2からMySQLへのデータの変換についてググったらいくつか方法はあるようだが、とりあえずsqlite2(以下2系)からsqlite3(以下3系)へ変換し、mysqlへ変換することにした。

幸いCORESERVERには2系の環境が残っていたのでログを移動。
残っていなければソースから2系を入れるつもりだった。

2系から3系へ変換。
sqlite sqlite.db .dump | sqlite3 sqlite3.db

sqlite3からmysqlへ変換の方法については公開されていたスクリプトを使うことにした。
2系のSQLのままこのスクリプトを走らせている記事もあったので、もしかして3系に変換しなくても良かったのかもしれない。
http://w.vmeta.jp/tdiary/20120508.html
http://www.redmine.org/boards/2/topics/12793
↑から sqlite3-to-mysql.py Magnifier (3.382 KB) をDL

sqlite3 sqlite3.db .dump > sqlite3dump.sql
cat sqlite3dump.sql | python sqlite3-to-mysql.py > mysql.sql

そのままインポートしたら一部が文字化けしたのでeucへ変換
nkf —overwrite -e *.sql

インポート。
mysql -h mysqlXXX.db.sakura.ne.jp -uユーザー名 -p -f lapisのDB名 < mysql_lapis.sql

おしまい。

Yosemite で Antを使って自作Androidアプリをインストール

メモ書き。

Android SDK
https://developer.android.com/sdk/
ダウンロードして設置(以下、【Android SDK格納パス】と表記)。

JDK
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
ダウンロードしてインストール。
java -version “1.8.0_25”

Ant zip版をDLして適当なところに解凍して設置
(以下、【Ant格納パス】と表記)。

~/.bash_profile へパス記述
「ant」の方は、直下にbinフォルダが見えるように。

# Android SDK
export PATH=$PATH:/【Android SDK格納パス】/android-sdk-macosx/platform-tools
export PATH=$PATH:/【Android SDK格納パス】/android-sdk-macosx/tools

# Ant
ANT_HOME=/【Ant格納パス】/ant
export PATH=$ANT_HOME/bin:$PATH

上記の追記を更新。
source ~/.bash_profile

SDK Managerを起動してSDKの追加を行う。
android

詳細は割愛するけれど、ここで先に Eclipse で色々テスト。今回弄ったところ。
環境設定→Java→インストール済みのJRE
環境設定→Java→コンパイラーコンパイラー準拠レベル
無事に動いていることを確認した。

話はターミナルへ戻って、動かしたいアプリ(hogeApp)に、
google-play-services_lib
fellopushSDK(AppBank Fello SDK)
のサブプロジェクトを追加して Ant でビルドしてみる。

AppBank Fello のプロジェクト情報を更新する。
プロジェクト内(直下にはAndroidManifest.xmlなどあり)へ移動してプロジェクト情報更新。
cd /【AppBank Fello SDK格納パス】/fellopushSDK
android update project -t 1 –subprojects -p ./

ターゲット番号(t)は android list targets で確認できる。

google-play-services_lib のプロジェクト情報を更新する。
プロジェクト内(直下にはAndroidManifest.xmlなどあり)へ移動してプロジェクト情報更新。
/【Android SDK格納パス】/android-sdk-macosx/extras/google/google_play_services/libproject/google-play-services_lib
android update project -t 1 –subprojects -p ./

メインのプロジェクト内(直下にはAndroidManifest.xmlなどあり)へ移動してプロジェクト情報更新。
cd /【メインのプロジェクトの格納パス】/
android update project -p .

ant clean debug install
または
ant clean debug
adb install bin/アプリ名-debug.apk

必要に応じて特定階層をjarにエクスポート→再チェックして完了。

うまくいかないときは
project.properties
などもチェック。

サーバ換装

サーバ機を変更しました。

Mac Book Pro 2010 → Mac Mini 2012
2014 なんて無かったんや。

構成もガラッと変えて組むことを決めた。

<今まで>
Web→MacPortsのApache
SVN→MacPortsのApacheで認証
Redmine→Bitnami(同梱Apache+Redmine)
FTP→pureFTPdのフロント付いてるやつ

<変更後>
Web→CentOS7(VMWare Fusion上)のApache
SVN→CentOS7(VMWare Fusion上)のApacheで認証
Redmine→Nginx+Redmine
FTP→vsFTPd(とりあえず)

めちゃんこ重いRedmineも何とかしたかったので、
楽するために使っていたBitnamiを止めました。

CentOSも7になって色々変わっているんだなぁ。
身近なところだと service が systemctl になっていたり、
ntp や mysql がデフォでなくなっていたり、色々ビックリ。

■ Redmine

初回一発目は結構苦労した。

■ Web

Apache+php+DBのインストールと設定。
あとバーチャルドメイン設定。

諸用でPiwigoも使っていたのでこれも
旧サーバでdumpを取って移行。問題なく完了。

■ DNS

うまくいってない。後回し。

■ Subversion

古いマシンの設定を見たら
2011.12.02 となっていた。

http://www.howtoforge.com/how-to-install-svn-with-apache-dav_svn-on-centos-7
を参考にした。

digest認証を行なうため下記を追加。
LoadModule auth_digest_module modules/mod_auth_digest.so

あとは下記をベースに……


DAV svn
SVNParentPath “/home/svn/Repository/”
SVNListParentPath on

所々設定を変えて、列挙……


AuthType Digest
AuthName “svn_projectname”
AuthUserFile “/home/svn/AuthUserFile/projectname/.htdigest”
Require valid-user

構築と移行はあっさり完了したものの、
Redirect cycle detected for URL~
のエラーが出て数時間泣いた。

結局は、Aliasの設定を消しただけで解決。

そしてコミット後に怒られる。

post commit FS processing had error:
sqlite: attempt to write a readonly database

が出て怒られたので、下記で修正。

chmod 664 repo/db/rep-cache.db

設定ファイルを丸コピしたまま権限変えてなかった。

あと、直近のコミットを何とかする方法。

http://dqn.sakusakutto.jp/2012/08/subversion_delete_lastrevisions.html

これは楽だ。もっと早く知っていれば(ry

当該リビジョンのDBファイルを削除
rm sample/db/revs/0/999
現在のリビジョン番号を変更
vim sample/db/current
キャッシュ破棄
echo > sample/db/rep-cache.db

■ FTP設定

chroot設定も含めあっさり完了。
http://www.server-world.info/query?os=CentOS_7&p=ftp

■ chronyで時刻合わせ(ntpは使わない)

http://www.mk-mode.com/octopress/2014/08/11/centos-7-0-setting-of-ntp-chrony/

■ 残り

ログローテーションの調整。
DNSの調整。
玄関の変更。SSHポート調整。

Yosemite

今回は普段使っているソフトが概ね動くことが事前に分かっていたので導入。

MacPorts も対応済み。
http://applech2.com/archives/41413766.html

Eclipse が立ち上がらなくなる件は下記の方法で対応。
http://apple.stackexchange.com/questions/150873/will-eclipse-android-developer-tools-plugin-work-on-os-x-yosemite
http://support.apple.com/kb/DL1572?viewlocale=ja_JP&locale=en_US

C86 コミックマーケット86

夏コミ情報です!

夏コミ配置:3日目 西あ19b TriaL3
map_2

Webカタログ

サークル ろり桃 とのC86新作 合同セットです。

1.【新刊】オールフルカラー『夏色水濡れ少女』 ※成人向け
  表紙:空維深夜/執筆者:香月稜 きのこむし すてりい すみい 大気KEN 真崎ケイ みこ 宮坂なこ 世恋(グッズ)(敬称略)

2.【新刊】オールフルカラー『禁断 ~百合幻想曲~』 ※成人向け
3.ポストカード
4.クリアファイル(A4)
5.アクリルダイカットキーホルダー ※1個
6.半透明コースター ※1個
7.マチ付きバッグ
8.スノータンブラー

1~8:スノータンブラー付 限定セット:3000円

1~7:通常セット:2500円

・【新刊】オールフルカラー『夏色水濡れ少女』 ※成人向け(ポストカード付き):600円
・【既刊】オールフルカラー『ないしょの妹えっち』 ※成人向け:500円
・【既刊】オールフルカラー『野外H彼女』 ※成人向け:500円

<旧作ゲーム> ※少数の予定

・『悪戯な花嫁』:1500円
・『放課後の鳥かご』:1000円
・『奪われた華』:1500円

夏コミ配置:C86(3日目) 西あ19b TriaL3 です(Web カタログ)。

C86 新刊の書店予約始まりました!

 


■ 協力サークル


3日目 東ネ42b ろり桃
世恋さんに新刊等の委託を予定しております。
また、グッズイラストを書いていただきました。多謝!

Webカタログ

新刊の通販:


今回は自サークルから新作ADVは出ませんが、制作に協力したタイトル2本がありますので紹介します。

■ 制作協力 黒彩黄泉路様『サクラメントの十二宮 乱れる仔ひつじと手懐く狼


夏コミ配置:3日目 西い25b 黒彩黄泉路

システムスクリプトを担当しました。シナリオ演出はサークルの方がご担当。
視点切り替え機能でアリッサとひつじの世界をより深く味わえます。

Webカタログ

通販:


■ 制作協力 GoodDaysMaker様 『ハートピストル体験版2.0

頒布場所は下記。

システムスクリプトを担当しました。シナリオ演出はサークルの方がご担当。
かなり画面を動かしていらっしゃって面白いです。

MacPorts logrotate

MacPorts logrotate

$ sudo port install logrotate
Password:
—> Computing dependencies for logrotate
—> Fetching archive for logrotate
—> Attempting to fetch logrotate-3.8.6_2+gzip.darwin_13.x86_64.tbz2 from http ://jog.id.packages.macports.org/macports/packages/logrotate
—> Attempting to fetch logrotate-3.8.6_2+gzip.darwin_13.x86_64.tbz2 from http ://packages.macports.org/logrotate
—> Attempting to fetch logrotate-3.8.6_2+gzip.darwin_13.x86_64.tbz2.rmd160 fr om http://packages.macports.org/logrotate
—> Installing logrotate @3.8.6_2+gzip
—> Activating logrotate @3.8.6_2+gzip

To use logrotate:

* If /opt/local/etc/logrotate.conf does not exist copy the example into place.

$ sudo cp /opt/local/share/logrotate/logrotate.conf.example /opt/local/etc/logrotate.conf

* With the startupitem variant (+startupitem) you can activate a scheduled log
rotation with this command.

$ sudo port load logrotate

* To create your own startup item with non-default intervals, build logrotate
without the startupitem variant (-startupitem), copy the example into place
and edit to your liking, then load with launchctl when finished.

$ sudo cp /opt/local/share/logrotate/org.macports.logrotate.plist.example /Library/LaunchDaemons/org.macports.logrotate.plist

$ sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.logrotate.plist

HTL21

ちょっと前の端末を手に入れたのでメモ。

ROM焼き
http://htcsoku.info/htcsokudev/2012device/deluxe_j/
adb reboot bootloader
fastboot erase cache
fastboot oem rebootRUU
fastboot flash zip rom.zip

HBOOTのLOCK表示
http://htcsoku.info/htcsokudev/rudimentary-knowledge/hboot-guide/