hfs HDDのトラブル

自宅のメディア&DNSサーバ(Mac Book Pro Late 2010)の話。

Skypeで「SVNコミット時に500エラーが出る」と通知があり、
おかしいなあと思いapache起動したりあれこれするも、解決せず。
えいやっ、とマシンごと再起動してみるも、状況は変わらず。

変わらず……ではなくて、事態が悪化して、メインストレージである
外付けHDDのCG-HDC4EU3500が、突然マウントされなくなった。
ディスクユーティリティでマウントを試みてもダメ。

First Aidの「ディスクの検証」「ディスクの修復」でも
「ジャーナルに無効な内容があります」
「このディスクを修復できません。できるだけ多くのファイルをバックアップし、ディスクを再フォーマットしてから、バックアップしたファイルを復元してください。」
と無情なメッセージが出て、段々心へのダメージが大きくなっていく。

ただ、ボリューム名は見えているし、容量も表示されているので、
逝ったのはジャーナル、MBRなのか、それともRAID BOXのコントーラーなのか、が気になった。

まずはダメ元で Paragon HFS+ for Windows 9.0.5 を使ってWindowsに繋げて見るも、
「管理」で見るとドライブの構造が壊れている、というメッセージが出て、アクセスできない。
ドライブレターはちゃんと割り当てれているのだけれども。

仕方なく、Macに繋ぎ直してMBRを修復するしかないかと思い、TestDiskに手を出そうか考えた。

だが、ジャーナルが壊れているだけならジャーナルを無効にすればなんとかなるんじゃないか?
と思い立ち、あれこれ調べてみて、下記で解決できそうだったので、試してみた。
Mac が立ち上がらなくなった時の対処方法 – A Day In The Life

ディスクの確認は df -l で見ても、マウントされていないのだから、当然わからない。
dmesg と /dev の下を ls して繋いでるディスクを確認。

root# fsck_hfs -l /dev/diskXsY
/dev/rdiskXsY: fsck_hfs run at Sat Nov 24 23:47:01 2012
** /dev/rdiskXsY (NO WRITE)
Executing fsck_hfs (version diskdev_cmds-540.1~25).
Invalid content in journal
** Performing live verification.
** Checking Journaled HFS Plus volume.
The volume name is hoge
** Checking extents overflow file.
** Checking catalog file.
** Checking multi-linked files.
** Checking catalog hierarchy.
** Checking extended attributes file.
** Checking volume bitmap.
** Checking volume information.
** The volume hoge was found corrupt and needs to be repaired.

だが、ダメだった。
どうも、First AidでやってることのCUI版という感じで、
表示されるメッセージも「ディスクの検証」「ディスクの修復」で出ていた
日本語メッセージと全く同じ。GUIかCUIかだけの差だった。

それで、他のサイトを探していたら、ついに有効な情報を見つけることができた。
Invalid content in journal | 不定期な記録

root# /System/Library/Filesystems/hfs.fs/hfs.util -N /dev/diskXsY
Turned off the journaling bit for /dev/diskXsY

もしダメだったらforceオプションをつけていたかも。
diskutil disableJournal force /dev/diskXsY

とりあえず、問題は解決したので再度ジャーナルを有効に戻した。
diskutil enableJournal /dev/diskXsY

今のところ、これで大丈夫。
いやー、寿命縮まりましたわ……。

ブックマーク パーマリンク.

hfs HDDのトラブル への1件のフィードバック

堀町 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です